基礎講座一覧

なるほど糖尿コラム

そこが知りたい!糖尿Q&A
Yahoo!ブックマークに登録

糖尿病講座トップ > インシュリン治療の前に

インシュリン治療の前に

糖尿病の治療で欠かせないのは「インスリン注射」。しかし、「インスリン注射とは何だろう?」や「一度始めたら一生続くのか?」、「医師からインスリン注射を勧められたけどどうしよう…」と初めてインスリン注射を行う際にはたくさんの疑問が出るかもしれません。
そこで今回は、治療を始める前に知っておきたいインスリン注射についてご紹介します。

体内に不足しているインスリンを補う

インスリン注射は、基本的に体内に不足しているインスリンを補うための治療です。本来のインスリンの働きは、食べたものを栄養として体内に取り入れるために必要不可欠なホルモンで、食後にすい臓から分泌されます。しかし、長い年月にわたって高血糖状態が続いて糖尿病になると、すい臓の働きが低下し本来必要なインスリンを十分に分泌できず不足します。自然分泌のインスリンの量だと不足して糖尿病が悪化するので、インスリン注射を打って体の外から不足分を補う必要があります。
インスリン注射で量を補うときは、食前にお腹へ注射するのが一般的です。自分でインスリン注射を打つので最初は抵抗があるかもしれません。また、「自分で注射を打っても大丈夫なのか」と心配する方もいるかもしれません。しかし、最近のインスリン注射はペン式でとても簡単に打つことができます。打つときの痛みもそれほど感じないように工夫されているので初めての方でも安心してインスリン注射を打つことができます。

途中でやめることができない?

一般的に、インスリン療法を一度始めたらやめられないといわれています。しかし、実際は必ずしもインスリン療法を続ける必要はありません。

酷い高血糖状態が続いている状態で放置すると糖尿病が悪化する危険性がある場合、インスリン注射を打つことで一時的に血糖値を下げることができます。一時的でも血糖値を下げれば、危険を回避できます。また、インスリン注射を打ち続けて血糖値が安定すれば、注射を控えることもできます。
インスリンの量が不足しているときは、すい臓の機能が低下しているのでインスリン注射を打つことですい臓への負担を減らし、しばらく休ませることができます。再びすい臓の機能が上昇するまでインスリン注射で量を補えば、後に注射を打つ回数を控えていき最終的に打たなくてもよい状態にまで回復することもあります。

インスリン注射を打ち始めたからといって、必ずしも一生打ち続ける必要がない場合もあります。一時的でもインスリン注射を利用することで、より早く糖尿病の回復につながることがあります。

医師から勧められたらどうすればいいか

糖尿病の治療として医師からインスリン注射を勧められた場合、まず「なぜインスリン注射が必要なのか」聞きましょう。「血糖値が下がらないから」との簡単な理由ではなく、糖尿病の治療として理論的にどう効果があるのか説明してもらい、納得ができるまで医師から話を聞くことが大切です。
本当に患者のことを真剣に考えて治療を行っている医師であれば、「なぜ血糖値が下がらないのか」や「インスリン注射でなぜ血糖値が下がるのか」などインスリン注射について丁寧に説明することが期待できます。
その一方で、残念なことに本来ならインスリン注射が必要ないのに勧めてくる医師がいることも事実です。確かに、インスリンの分泌量が不足しているのならインスリン注射は必要です。しかし、インスリンの量ではなく質に問題がある方もいます。
インスリンの質が悪い方は、量に問題はないのに働きが弱くて本来の機能を果たせません。そのため、質の悪いインスリンで糖尿病が悪化しているのなら、量を補うのではなく質を改善することを考える必要があります。
しかし、インスリンの量なのか、質なのか見極めず注射してインスリンの量を増やせば、血糖値が下がるだろうと思って治療を続けていても多くは改善が見られません。嫌な思いをしてインスリン注射をしているのに、一向に改善しないとなったらショックかもしれません。そのため、医師に「本当にインスリン注射での治療が必要なのか」と率直に聞くことも大切なのです。
また、「血中インスリン検査」・「C-ペプチド検査」・「尿中ケトン体検査」などを改めて行うことも重要です。これらの検査では、体の中にどれほどインスリンが分泌されているのか、きちんと機能を果たしているのかなど調べることができます。ただ単純に「血糖値が高くて下がらないから」という理由だけでなく「本当にインスリンが不足しているのか、それとも量に問題はないが機能していないのか」などを正確に医師が判断し、説明を受けられるようにしましょう。また、患者自身も自分のインスリンがどうなっているのか把握しておくことも大切です。

インスリン注射について把握しておこう

糖尿病の治療としてインスリン注射は当たり前になってきており、医療技術が発達したことで簡単に打てるようになっています。しかし、簡単にインスリン注射ができるといっても糖尿病患者からしたら、心配なことや不安なことがある治療であることに変わりないかもしれません。
医師から勧められたとしても、インスリン注射について正しい情報を得て、自身がよく理解し納得した上で行うことが大切です。

【糖尿病Q&A】 インシュリン注射で気をつけること

▲ページのトップに戻る



あなたはどこまで「糖尿病」を知っていますか? まだまだ知って下さい「糖尿病」について。
「糖尿病」の本当の恐ろしさは合併症です。 放っておくと恐ろしい事態を招く「ドロドロ血液」。

くたばれ!糖尿病

糖尿のなぜ?どうして?を徹底解説
糖尿のそこが知りたい!を完全解決

詳しくはこちら

↓メールアドレスを入力する

まぐまぐ公認 殿堂入りメールマガジン くたばれ糖尿病