基礎講座一覧

なるほど糖尿コラム

そこが知りたい!糖尿Q&A
Yahoo!ブックマークに登録

糖尿病講座トップ > インシュリン治療の前に

インシュリン治療の前に

インシュリン治療 始める前に

「インシュリン注射ってどういう物なんだろうか?」

「一度始めたら、止められないと聞くが?」

「医者からインスリン注射を勧められたけれども、どうしたらよいだろうか?」

と、インシュリン注射に関するご質問を頂く事が、最近増えてきました。

それで、インシュリン治療で気をつけること、これを少し考えてみましょう。

まず、インシュリン注射というものは、基本的に体内のインスリン量が足りない方に必要とされている治療と言えますね。

わたしたちが食べたものを、栄養として体内に取り入れるためには、このインシュリンが不可欠です。インシュリンは、ホルモンの一種ですが、食後などにすい臓から分泌されているものです。

しかし、長年の高血糖などの原因により、すい臓が元気をなくして、インシュリンを必要量分泌できなくなる場合があります。そういった場合、自然に分泌するインシュリンの量では足りないために、注射という形で外からインシュリンを補う必要があるんです。

インシュリン注射の種類にもよりますが、食前にお腹をつまんで、そこに注射するのが一般的です。

注射を自分でするということに、とても抵抗があるかもしれませんが、最近の注射はペン式でとても簡単になっており、痛みもそれほど感じないように工夫されています。

途中ではやめられない?

一般に、一度始めたらやめられないのではないか?と考えられていますが、実際はそうではありません。

たとえば、かなりの高血糖になってしまい、放っておくと危険な場合は、インシュリン注射で一時的に血糖値を下げて危険を脱し、その後安定すれば、注射を控える場合もあります。

また、体内のインシュリン不足の原因が、すい臓が元気をなくしてしまったために起きるのであれば、インシュリン注射によって外からインスリンを補うため、すい臓はそれほど多くのインシュリンを製造分泌しなくてもよくなります。つまり、すい臓を一時的に休ませてあげるという考え方です。再びすい臓が元気になるまで、インシュリン注射を利用して、後に注射を控える、という場合もあります。

ですから、注射を始めたからこの先ずっと止められない、という考え方は基本的には当てはまらないと言えます。むしろ、一時的に利用することによって、より早い回復につながる場合もあるんですよ。

インシュリン注射を始める前に

では、お医者さんからインシュリン注射を勧められたら、どうしたらよいでしょうか?

まず、なぜ注射が必要なのかじっくりお話を聞いてください。ただ、「血糖値が下がらないから」、という理由ではなく、きちんと理論的に説明してもらい、納得がいくまで聞く事が大事だと思います。

なぜ血糖値が下がらないのか、インシュリン注射を始めたら、なぜ下がるといえるのか、本当に患者さん一人一人の事を真剣に考えてくださっているお医者さんほど、丁寧に説明してくださるはずですよ。

一方で、注射が本当に必要でもないのに、注射を勧めるお医者さんがいることも、残念ながら事実です。インシュリンの分泌量が少ないのであれば注射も仕方ないかもしれません。しかし、実はインシュリンの量ではなく質に問題がある方も多いんです。インシュリンの働きが弱く、本来の機能を果たしていない場合です。その場合、量は十分にあるので、量が必要なのではなく質を改善することが重要です。

しかし、その辺りを見極めず、注射すれば血糖値は下がるだろう、という考えで注射をしても、量ではなく質の問題なので、多くの場合改善はあまり見られないんです。不快な思いをしてインスリン注射をしても、改善が見られないなら本当に悲劇ですよね。

それで、本当に自分にはインシュリン注射での治療が必要なのかどうか、率直に聞いてみることも大切です。

 

また下記の検査を改めて行なってみる事も重要ですよ。

  • ・ 血中インシュリン検査
  • ・ C‐ペプチド検査
  • ・ 尿中ケトン体検査

これらの検査は、体内でインシュリンがどれくらい分泌されているか、またきちんと機能しているか、などを調べる検査です。ただ単に、血糖値が高くて下がらないから、という理由だけではなく、本当にインシュリンが足りないのか、あるいは足りていても機能していないのか、などしっかりと自分自身が把握しておく事が大切です。

それで、インシュリン注射を実際に始める前に、再度上記の検査を受けてみられるように、お勧めいたします。

インシュリン注射自体は近年簡単になっているといっても、わたしたちにとって、心配や不安な要素もある治療であることに変わりはありません。

たとえ注射を始めるとしても、しっかりとした情報を得て、自分自身がよく理解納得した上で行なう事が大切ですね。

では、実際にインシュリン注射での治療を行なう必要が生じたならば、どのようなことに気をつけるべきでしょうか?それは、次より【糖尿病Q&A】 インシュリン注射で気をつけることご紹介しています。

 

▲ページのトップに戻る



あなたはどこまで「糖尿病」を知っていますか? まだまだ知って下さい「糖尿病」について。
「糖尿病」の本当の恐ろしさは合併症です。 放っておくと恐ろしい事態を招く「ドロドロ血液」。

くたばれ!糖尿病

糖尿のなぜ?どうして?を徹底解説
糖尿のそこが知りたい!を完全解決

詳しくはこちら

↓メールアドレスを入力する

まぐまぐ公認 殿堂入りメールマガジン くたばれ糖尿病