基礎講座一覧

なるほど糖尿コラム

基礎編1 糖尿病についての基礎
Yahoo!ブックマークに登録

糖尿病講座トップ > 糖尿病ってなに? > 糖尿病の種類 > 糖尿病発症の仕組み

糖尿病発症の仕組み

ここでは、わたしたちが物を食べた後、体の中ではどうなっているのか、そして糖尿病になってしまうその仕組みを考えてみたいと思います。まずは、下の図を見ていただけますか。

糖尿病発症の仕組み

まず、パンやご飯、果物などを食べると、胃で消化・分解され、その後も分解を重ねて、腸でブドウ糖へと変換されます。ブドウ糖は、腸から血液中に流れて行きます。

そして、それと同時に、すい臓もインスリンを製造し、血液中にインスリンを放出するんです。そして、細胞膜にある「インスリン受容体」と「インスリン」が結合し、細胞の中にブドウ糖が入って行き、細胞が栄養を摂れる、ということになります。ブドウ糖は、細胞の中に入っていきますから、血液中のブドウ糖量は減り、血糖値も下がり、正常な血糖値が維持されます。

健康な人であれば、このような仕組みで、食べた物がしっかりと体に栄養になって、健康を維持できるんです。しかし、問題は糖尿の場合です。糖尿病の場合、こんなふうに、ブドウ糖が細胞に入って行くことができないんです。その原因は、糖尿病の種類のページでもご紹介したように、次の3つの理由が考えられます。

  • 1) インスリンの出が悪い
  • 2) インスリンが元気がない
  • 3) インスリン受容体の元気がない

1)のインスリンの出が悪い場合は、すい臓の機能に問題があります。通常は、わたしたちが物を食べると、血糖値が上がるので、血糖値を下げるために、すい臓がインスリンを製造し、血液中にインスリンを分泌します。体は元々そのような仕組みになっているんですね。

しかし、すい臓の機能が弱っていると、すい臓はインスリンを分泌する量が少なくなっていきます。すい臓に疾患があったり、疲弊していたりすると、生産性が悪く、食べた量に対して十分の量のインスリンがないために、細胞に入って行けるブドウ糖が限られてしまい、血糖値が上がったまま下がらない、という状態になってしまうのです。

一方、2)と3)の場合は、インスリンそのものは必要な量出ているのに、インスリン自体が元気がなかったり、インスリンを受け止める細胞側のインスリン受容体が元気がない場合です。

この場合について、ちょっと下の図を見ていただけますか。

糖尿病発症の仕組み2

普通、インスリンとインスリン受容体が結合すると、細胞内にある、ブドウ糖輸送担体と呼ばれる物が、細胞膜上に移動して、ブドウ糖を細胞内に取り込むように働きかけるんです。インスリンとインスリン受容体が結合すると、そういう働きが起こるのです。しかし、結合しないと……

このブドウ糖輸送担体は、眠ったままで、ブドウ糖をいわば取り込みに行かないんです。だから、ブドウ糖はどんどん血液中に余ってしまい、結果として血糖値が高くなり、その状態がしばらく続くと、糖尿病になってしまうのです。インスリンとインスリン受容体の両方が元気になっていないと、駄目という訳ですね。どちらか片方が元気でも、片方が結合を拒否してしまえば、ブドウ糖は細胞に入って行けないんです。

2型糖尿病の場合、インスリンの出が悪い方もおられますが、多くの場合、インスリンはある程度出ている方がほとんどです。むしろ、このインスリンが元気がないか、インスリン受容体が元気がないかのどちらか、あるいは両方が関係しているのでは、と考えられます。さて、ここまでで、糖尿病を発症してしまう理由を簡単に考えてきましたが、このような大変やっかいな糖尿病の治療には、現在どのようなものがあるのでしょうか。次にそれを見てみましょう。

現在の糖尿病の治療法はこちらからどうぞ

---------------------------------------------------------------------------------

あなたはご存知でしょうか?
糖尿病の本当の原因を

食べ過ぎ?
飲みすぎ?
運動不足?

いえいえ、本当の原因は
違うところにあるのです

 

「糖尿病の本当の原因とは」解決編へ

 

▲ページのトップに戻る

くたばれ!糖尿病

糖尿のなぜ?どうして?を徹底解説
糖尿のそこが知りたい!を完全解決

詳しくはこちら

↓メールアドレスを入力する

まぐまぐ公認 殿堂入りメールマガジン くたばれ糖尿病

このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載を固くお断りさせていただいております。