基礎講座一覧

なるほど糖尿コラム

ドロドロ血液の恐怖 恐ろしいドロドロ血液
Yahoo!ブックマークに登録

糖尿病講座トップ > 糖尿と血液の深い関係

糖尿と血液の深い関係

糖尿病というと、いわゆる血糖値が高いこと、とすぐに思い浮かぶ方が多いかと思います。確かにその通りで、糖尿病というのは、基本的に血糖値が高い状態がずっと続くことを言います。そして糖尿病は、幾つかの非常に深刻な合併症を発症してしまうことが強調されています。

たとえば、糖尿病の3大合併症は、「糖尿病性網膜症」 「糖尿病性腎症」 「糖尿病性神経症」です。これらの合併症が進行していくと、失明、人工透析治療、体の特定部分の壊死という、本当に大変なことになってしまいます。他にも、脳梗塞や心筋梗塞といった、死と隣り合わせの危険な病気も、糖尿病が原因となっていると言えます。

しかし、これらの合併症や関連の病気には一つの共通点があるということをご存知でしょうか?糖尿病によって引き起こされるある状態が、これらの合併症の根本原因となっているんです。それは何だと思いますか?

その根本原因とは、血液の流れが悪くなることです。血液の流れが悪くなることが、深刻な合併症の主原因なんですよ。では、その辺りを少しご説明させていただきますね。

合併症の根本原因は血液の流れが悪くなること

糖尿病とは前述のように、血糖値が高い状態がずっと続いているということですね。血糖値が高いということは、血液の中に、たくさんのブドウ糖が存在しているということです。本来わたしたちが食べた物は胃で分解され、ブドウ糖という栄養分になり、腸から血液へと出て行きます。そして今度は、ブドウ糖は血液の流れに沿って、体中の細胞内に入って行き、細胞が栄養をとり、わたしたちは元気になる、という仕組みになっています。しかし、食べ過ぎや生活習慣の乱れ、ストレス、体の不調などの様々な理由によって、ブドウ糖が細胞内に入らず、血液中に余ってきます。これが、血糖値の高さにつながっています。

血液の中に、たくさんのブドウ糖が余っているということは、血液がドロドロ、ネバネバしてくるということです。これは丁度、普通の水と砂糖水の違いのようです。普通の水はグラスを傾けると、スルッと水が流れ落ちてきますね。でも、砂糖水の場合はどうでしょうか?

ドロドロしているので、なかなか落ちてこないですね。砂糖の量が多ければ多いほど、落ちてきません。放っておけば、固まってしまうことだってあります。

高血糖の血液、糖尿病の方の血液も、まさにこれと同じ状態なんですね。血液にブドウ糖という糖分が多く含まれているからです。心臓が一生懸命ポンプの役割を果たして、血液を体中に流そうとするのですが、血液がドロドロしているがためになかなか流れないんです。(これが糖尿病の方に高血圧の方が多い理由にもなっています)コーヒーを飲んだ後のカップの底に、砂糖が余っていることってありますね。カップを垂直にしてもゆっくりゆっくりとしか流れてこないのと同じで、ブドウ糖がいっぱい含まれている血液は、なかなか流れにくく、途中で止まったり、固まったりもします。

これを私は、砂糖水の法則と呼んでいます。

体中の血管という血管を全部合わせると、なんと全長10万キロにもなるそうです。これは、地球を2週半する長さなんですね。地球2週半の長さにもなる血管の隅々にまで、血液を流れるようにするためには、血液がドロドロではなく、サラサラでないと不可能な話ですね。しかも、血管のほとんどは毛細血管といって、それはそれは細い血管です。ただでさえ血管という通り道が細いのに、それに加えてドロドロ血液だと、詰まってしまうのは当然な話です。

このように、血糖値が高く、血液がドロドロしていると、血管内で血液が流れにくくなり、ついには血管内で詰まってしまいます。では、詰まってしまうとどうなるのでしょうか?

そうなると、先に挙げたような深刻な合併症を引き起こしてしまうのです。「糖尿病性網膜症」 「糖尿病性腎症」 「糖尿病性神経症」も、すべて血液の流れが悪いことによって生じます。

たとえば、糖尿病性網膜症は、ごく簡単に言うならば、目の網膜に栄養を運ぶ血管が詰まることによって、栄養をもらえない網膜が弱ることが原因となっています。「糖尿病性腎症」も、腎臓の機能が弱る訳ですが、なぜ弱るかというと、やはり腎臓内の血管が詰まったり、ドロドロ血液によって傷つき血管が破れることによって起きます。

「糖尿病性神経症」もそうです。体中にある色々な種類の神経も、結局は血管を通って流れてくる血液内の栄養分をもらって、神経の機能を果たしています。でも、血管の詰まりによって栄養をもらえないと、神経が弱ってしまいますから、「糖尿病性神経症」を引き起こしてしまう訳です。

「脳こうそく」も「心筋こうそく」も、流れにくい血液が原因で血管が詰まることによって起きます。もしその詰まりが脳の血管内で起きれば脳こうそくを、心臓付近の血管内で起きれば心筋こうそくとなるんです。

このように、糖尿病の重大な合併症の主原因は、血液が流れにくくなることです。そして、それによって生じる、血管の詰まりなんです。

それで合併症を防ぐためには、とにかく血液の流れを良くすることと、血管の詰まりをなくすことが必要です。この血管の詰まりということに関して、「血栓」という言葉をお聞きになったことはおありですか?血管内を防ぎ、通せんぼしてしまうのがこの「血栓」と呼ばれているものです。合併症を予防するためには、この血管を詰まらせてしまう「血栓」についてもしっかりお勉強することが大事ですよ。そのことは、次の……

血栓とは何?からお調べください

---------------------------------------------------------------------------------

脳梗塞や心筋梗塞や血栓症の専門サイトができました!
脳梗塞や心筋梗塞と血栓の関係について、分かりやすく解説しています。
治療と予防にお役立てください。

↓ ↓

血栓と脳梗塞の関係について

 

あなたはご存知でしょうか?
糖尿病の本当の原因を

食べ過ぎ?
飲みすぎ?
運動不足?

いえいえ、本当の原因は
違うところにあるのです

 

 

▲ページのトップに戻る



あなたはどこまで「糖尿病」を知っていますか? まだまだ知って下さい「糖尿病」について。
「糖尿病」の本当の恐ろしさは合併症です。 放っておくと恐ろしい事態を招く「ドロドロ血液」。

くたばれ!糖尿病

糖尿のなぜ?どうして?を徹底解説
糖尿のそこが知りたい!を完全解決

詳しくはこちら

↓メールアドレスを入力する

まぐまぐ公認 殿堂入りメールマガジン くたばれ糖尿病

このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載を固くお断りさせていただいております。