基礎講座一覧

なるほど糖尿コラム

そこが知りたい!糖尿Q&A
Yahoo!ブックマークに登録

糖尿病講座トップ > インシュリン注射の注意事項

インシュリン注射の注意事項

インシュリン注射 気をつけること

インシュリン注射を始める予定という方から、下記のご質問を頂戴しました。

愛媛県 牛島さん
少し前より医者からインシュリン注射の治療を勧められました。やはり注射は必要でしょうか。自分で注射をするという事にも不安があります。医者はきちんとそのための訓練をすると言っています。でも、一番の不安は副作用と言いますか、弊害もあるという話です。

これまでほとんど食事療法も真剣に取り組んでこなかったので自業自得だとは思うものの、ついにインシュリン注射までしなければいけなくなったかと思うと、かなりショックです。

インシュリン注射をする場合に気をつけることや、その弊害を教えてもらえますでしょうか?



インシュリン注射を始める必要が生じた場合に気をつけることを、少し考えてみましょうね。
インシュリン注射を行なう場合に、気を付けなければいけないのは何と言っても、[ 低血糖 ] です。



低血糖とは何でしょうか?

低血糖とは、血糖値が普通に生活する上で必要なレベル以下になってしまう事を言うんです。血糖値が下がりすぎてしまった状態の事なんですね。血糖値は下がれば下がるほど良いのではなく、ある一定の値が必要なのです。

低血糖の症状にはどんなものがあるの?

 

ひどい空腹感や、脱力感、冷や汗、動悸、手のふるえ、めまい、ふらつき、イライラする、頭痛、目がかすむ、などがあるんです。放っておくと、昏睡状態にも陥りますので大変危険です。

めまいや、ふらつき、頭痛などは、脳に必要な栄養が行き渡っていないために起こる場合が多いので、適切な処置が遅れると命を取り留めたとしても、脳が損傷を受けてしまうなら、何らかの重大な障害が残る場合もあるんです。ですから低血糖は本当に恐ろしいものなんです。

インシュリン注射でなぜ低血糖になるの?

決められた量よりも多く打ってしまったり、打つ時間を間違えたりするとなる場合が多いですね。また、量や時間を守っていてもいつもより運動量が多かったり、食事の時間の間隔があきすぎたりすると、低血糖になる場合があるんです。

もうちょっと詳しくお話しますと……

通常健康な方は、モグモグ食事をすると、その直後から、すい臓がインスリンを放出し始めます。インスリンのおかげで、ブドウ糖は細胞の中に取り込まれていき、栄養となりますね。

でも、すい臓の機能が弱っていると、食事をしても、インシュリンは必要量出てきません。ブドウ糖はインシュリンがないと、細胞の中に入っていけないので、インシュリンをずっと待っています。しかし、待てど暮らせどインシュリンは出てきません。そして、ブドウ糖はずっと血液の中にいることになり、高血糖状態になる訳なんです。

それで、インシュリンが出ないなら、外から注射という形でインシュリンを補おうというのがインシュリン注射の考え方なんです。

健康な体は、食事を食べた量や時間に合わせて、体が自然に、インシュリンを分泌する量や時間を調節してくれる訳ですが、インシュリン注射の場合はそうはいきません。ちょっと食事の時間が遅れたりすると、血液中のブドウ糖の量より、インシュリンの量が多くなり、インシュリンが効き過ぎてしまいます。そうすると、体に最低限必要なブドウ糖量を下回り、低血糖状態に陥る訳なんです。

また、たとえばこんな事もあります。
いつもより、食欲が湧かなくて、食事の量を少し減らしたとします。そうすると、摂取した糖分よりも、注射したインシュリンの量のほうが上回ってしまい、同じく低血糖を起こす事だってあるんです。

逆に、食事の量をいつもより多く摂ってしまうと、今度は注射したインシュリンが少なく、高血糖状態になることもあります。

ですから、インシュリン注射を行なうほうが、ある意味食事量や時間にかなり神経を使わなければいけないとも言えるんですね。

低血糖になってしまったら?

人それぞれ症状が違いますが、もし低血糖になってしまったら、どうすればよいでしょうか?

まずなんと言っても、ブドウ糖を摂取しなければいけません。ブドウ糖やブドウ糖キャンディーが一番良いですが、用意していなければ、角砂糖やスティックの砂糖をすぐに口に入れて下さい。あるいは、コカコーラやオレンジジュースなどで代用することもできます。

甘いものであれば何でもいいかと思いがちですが、普通のキャンディーやチョコレートは吸収が遅いので意味がないんです。またα-グルコシダーゼ阻害薬というタイプの薬を服用していると、砂糖では効かないので、必ずブドウ糖を摂取する必要があるんです。自分が服用している薬の種類もよく把握している必要がありますね。

 

このように、インシュリン注射の一番の問題は、低血糖なんです。また、食事や生活習慣にも、普通以上の注意が必要となってきます。

インシュリン注射を勧められている方は、お医者さんの話をよく聴いてみて、必要な事や注意点など、良い点と悪い点、すべての事 情を考慮してから、決定するようになさってくださいね。




でも実際は、なかなか食事制限や運動などを頑張っていても、なかなか数値が下がらないと悩んでおられる方は多いのです。

どうして、なかなか改善しないのでしょうか。

実は、それには深〜い訳があるのです。

その訳とは何でしょうか?

それは実は、糖尿病の本当の原因は、単に食事の摂り過ぎや、運動不足だけではないからです。

えっ!?
じゃあ、何が原因なの?

そのことは、よろしければ次のお話から調べてみてください。

↓ ↓ 下記をクリック ↓ ↓

 

▲ページのトップに戻る



あなたはどこまで「糖尿病」を知っていますか? まだまだ知って下さい「糖尿病」について。
「糖尿病」の本当の恐ろしさは合併症です。 放っておくと恐ろしい事態を招く「ドロドロ血液」。

くたばれ!糖尿病

糖尿のなぜ?どうして?を徹底解説
糖尿のそこが知りたい!を完全解決

詳しくはこちら

↓メールアドレスを入力する

まぐまぐ公認 殿堂入りメールマガジン くたばれ糖尿病

このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載を固くお断りさせていただいております。