基礎講座一覧

なるほど糖尿コラム

そこが知りたい!糖尿Q&A
Yahoo!ブックマークに登録

糖尿病講座トップ > どうして体がだるいの?

どうして体がだるいの?

糖尿はどうして体がだるくなるの?

糖尿病は、よく言われるように、なかなか症状として表われにくい病気です。通常、症状に表われるまでに、5年〜10年かかると言われているんですよ。

つまり、高血糖の状態が5年〜10年続いた後に、何らかの症状が表われるという訳なんですね。その間、わたしたちの体は、随分と頑張ってくれているのです。

 

しかし、「もぉ〜駄目だ!、耐え切れない!」と体が悲鳴を上げるのです。それが、糖尿の症状が表われるときです。

こんな症状ありませんか?
今回は、そのうちの次のものを考えてみましょう。

  • とにかく体がだるい
  • 食べても食べても、痩せてくる
 

もし当てはまるならば、すでに体が悲鳴を上げている可能性が高いですよ。上の2つの症状は、糖尿の中でも、代表的なものですが、糖尿がかなり進行してくると、もっと重大な症状が出る事が多いと言えます。網膜症、神経障害、腎臓機能の低下、脳梗塞、などなど。

このような重大な症状や合併症を起こしてしまう前に、この代表的な2つの症状、危険信号に気付かないといけません。

さて、体がだるい、というのは本当に困りますよね。すぐに疲れてしまったり、やる気が起きなかったり、ずっと一日中寝ていたいと感じたりします。

朝起きても疲れがとれていなかったり、ちょっと休んでも元気になる訳でもない。

体がだるいだけでなく、気持ちもしんどくなっていきます。精神的にもまいってしまいますよね。

健康な人でも、活動的にしていると疲れたり、体がだるいと感じたりするものですが、糖尿病の方は慢性的に、ずっとそういう状態が続くのですから、これは本当に大変です。仕事にも支障が出てきてしまいます。

ではなぜ、体がだるくなるのでしょうか?
その理由を正確に理解しておられますか?

一言で言えば、栄養が細胞に行き渡っていないから、と言う事になります。

この場合の栄養とは、簡単に言うと、ブドウ糖な訳ですが、わたしたちが食事をすると、それが消化分解されていって、ブドウ糖の形になります。

そしてそのブドウ糖が、各細胞に運ばれる事によって、わたしたちは元気になって、活力を得る事ができます。

 

要するに、体が元気になるという事は、細胞が元気になっている、という事なんです。ブドウ糖という栄養が、しっかりと細胞に運ばれて行くことが、わたしたちが元気になる重要な要素です。

わたしたち人間の中には、60兆個とも100兆個とも言われている、それはそれはたくさんの細胞があります。正確に言えば、わたしたち人間は、60兆個の細胞の塊であり、その60兆個の細胞の集合体がわたしたちそのものであると言えます。

わたしたちが細胞の集合体である以上、1個1個の細胞に確実に栄養が(ブドウ糖)が届けられなければ、当然わたしたちは元気になれません。

大切なのは、細胞が栄養をもらうことです。

ですから糖尿病の場合、体がだるくて元気が出ないというのは、それは栄養が細胞に届いてないのです。細胞が栄養をもらえないので、わたしたち自身も元気が出ない訳です。

では、細胞が栄養をもらえないと、どうなるでしょうか?

 

そうすると体は、脂肪を分解燃焼してエネルギーにしようとします。また、タンパク質をも栄養にしようとしますので、筋肉も衰えていくんです。筋肉はタンパク質からできているからですね。

ですので、脂肪も燃え、筋肉のタンパク質も栄養にとられていってしまうので、どんどん痩せてくるんです。

たとえどんなにたくさん食べたとしても、ブドウ糖は細胞の中に入っていけず、血液中に余っているだけ。そして、体は蓄えていた脂肪やタンパク質によって、エネルギーを得るので、食べても食べても痩せていくんです。

  • 体がだるくて、元気がでない。
  • 食べても食べても、痩せていく。
  • 寝ても疲れがとれない。

このように、こういった症状は互いに密接に関係していますし、両方とも、栄養が細胞に届いてない事が原因ということだったんですね。

では、一体どうすればこういった状態を解決できるのでしょうか?

実はこういう状況を、「糖代謝の異常」 と言います。栄養が細胞に行き渡らない。逆にいえば、細胞がしっかりと栄養をキャッチできない、取り込めていない状況なんですね。糖を代謝できていないので、「糖代謝の異常」と言います。

こういった状況が続くと、ブドウ糖が細胞に入っていかないために、ブドウ糖が血液中に余ってきて、高血糖状態になります。ですから、血糖値が高いというのは、ブドウ糖が細胞に入っていかずに、余っている状態と言えます。

血糖値が高いのには、そういう原因があるんですね。

じゃあ、なぜ栄養が細胞に行き渡らないの?
なぜ細胞が栄養を取り込めないの?

これには重大な秘密があります。

実はインスリン(インシュリン)とインスリン受容体という2つの物が関係しているのです。

インシュリン受容体?

はい。そうです。インスリン(インシュリン)は知っていても、インスリン受容体という言葉はあまり馴染みがないですよね。

栄養が細胞に行き渡るためには、インスリン(インシュリン)とインスリン受容体がとっても大切な役目を果たしています。

よくこんな風にたとえられます。

  • インスリン(インシュリン)      = 鍵
  • インスリン受容体  = 鍵穴

インスリン(インシュリン)という鍵が、インスリン受容体という鍵穴にはまると細胞の扉が開き、その扉からブドウ糖が細胞内に入っていける、という訳です。

しかし!

インスリン(インシュリン)という鍵が、インスリン受容体という鍵穴に、しっかりとはまらないと、扉が開かず、ブドウ糖が細胞内に入っていけないのです。

ですから、細胞はブドウ糖(栄養)をもらえないので、元気をなくしていき、「だるい、疲れがとれない」「食べても痩せる」ということになるのです。

いくらブドウ糖が扉の前で、細胞内に入りたがっていても、肝心の鍵がはまらず、扉が開かないのです。健康な人は、鍵がしっかりはまりますが、糖尿や糖尿予備軍の場合、鍵がはまりにくい、あるいは、はまらないのです。

では、なぜ鍵がはまらないのでしょうか? どうして鍵が、はまらなくなってしまったのでしょうか?

 

どうすれば、鍵がはまり、扉が開いて、ブドウ糖(栄養)が細胞内に入っていけるようになるのでしょうか?

これについては、下記よりお調べいただけます。

 

▲ページのトップに戻る



あなたはどこまで「糖尿病」を知っていますか? まだまだ知って下さい「糖尿病」について。
「糖尿病」の本当の恐ろしさは合併症です。 放っておくと恐ろしい事態を招く「ドロドロ血液」。

くたばれ!糖尿病

糖尿のなぜ?どうして?を徹底解説
糖尿のそこが知りたい!を完全解決

詳しくはこちら

↓メールアドレスを入力する

まぐまぐ公認 殿堂入りメールマガジン くたばれ糖尿病

このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載を固くお断りさせていただいております。