基礎講座一覧

なるほど糖尿コラム

そこが知りたい!糖尿Q&A
Yahoo!ブックマークに登録

糖尿病講座トップ > 運動療法は必要?

運動療法は必要?

運動療法は絶対に必要でしょうか?

糖尿病の改善には、食事療法・運動療法・薬物療法が必要不可欠と言われていますよね。でも、体調が優れなかったり、元々運動が苦手だったりすると、運動がなかなかできないとお困りの方も多い訳です。それで今回は、運動療法は絶対に必要かどうか、そしてなぜ?運動が効果的と言われているのか、など取り上げますね。



こんなご質問を頂戴しましたので、ご紹介します。

東京都 三浦さん
三年前より糖尿病と付き合っています。食事療法もそれなりにがんばっております。お酒は一切飲みませんし、お薬も言われた通り飲んでいます。でも、仕事が忙しいことと、体を動かすことが元々苦手という事もあり、なかなか言われた通りに出来ません。 医者からは、毎回のように運動運動とそればかり言われてしまいます。やはり運動療法はしないといけませんか?


確かに三浦さんのように運動が苦手な方にとっては、運動は苦痛以外の何物でもありませんよね。しかし運動療法は、食事療法と共に、糖尿病の治療では必須と言われています。

では、まずなぜ運動療法が糖尿の改善に有効なのかを考えてみましょう。

なぜ運動療法は糖尿治療に効果的なのか?

まず、何と言ってもダイエット効果を期待できる、という点をあげることができますね。一般的に糖尿病の方は、肥満ぎみの方が多いとされていますが、健康的に体重を減らすためには、運動が必要ですね。

さらに、肥満だと体内のインスリンの効きが悪くなっていくと、言われています。太れば太るほど、インスリンの効きが悪くなり、それによって、血糖値がどんどん上がってしまいます。しかし、運動によって体重が減ってきて肥満が解消されていくと、それに伴ってインスリンの効きが良くなっていきますので、血糖値が下がってくる訳です。ですので、単なる体重を落とすといった、ダイエット効果だけではない、という事ですね。

又、運動によってインスリンの効きが良くなるという事もあげることができます。先ほどの例は、体重が減って肥満が解消されるので、インスリンの効きが良くなるという事でしたが、運動は、直接的にもインスリンの働きを良くする事で知られています。運動によって、インスリンの感度が高まり、ブドウ糖の代謝が促進されていき、血糖値を下げる事が可能になります。

ですので、運動療法は、体重の減少によって間接的にインスリンの効きを良くする事と、直接的にインスリンの感度を高めてくれるという、これらの理由により、糖尿病治療には必須と言われている訳です。

どんな運動が効果的か?

よく言われるように、無酸素運動ではなく有酸素運動が効果的ですね。有酸素運動とは、体の中に新鮮な空気をたくさん吸い込んだり、吐き出したりしながら行なう運動のことです。これには、ジョギングやウォーキング、自転車、水泳といったものがあります。少なくとも、30分は続けてできるものが望ましいですね。

基本は、自分に合った無理のないものを選ぶ事です。たとえば、今はウォーキングをしている人がたくさんいますし、それを勧める方たちも多いですが、私は自転車のほうが良いと思えば、当然それでも良い訳です。そのほうが、長続きしますよね。運動療法は、やったりやらなかったりでは効果がなかなか現れません。ずっと続けていく事が大切ですので、やはり自分に合った無理のないものを選択してくださいね。

運動をしてはいけない人がいますか?

確かに運動療法は大切ですが、運動を行なわないほうが良い人もおられます。それは下記のような方々です。

  • 不整脈、狭心症など、心臓に疾患がある方
  • かなりの高血糖の方
  • 神経障害がある方
  • 網膜症の方
  • 時折、副作用などでの低血糖が出る方

こういった方々は、運動を行なわないか、あるいはかなり慎重に行なって頂く必要があります。

たとえば、神経障害などがある方は、なぜ気を付けないといけないのでしょうか?

たとえば神経障害というのは、痛みを感じたりするような感覚が鈍くなっている場合が多い訳です。そのような場合は、ちょっとしたケガから細菌が入り込み、痛みの感覚が鈍いために、知らない間に足のケガがひどくなり、最悪の場合、壊疽を引き起こしてしまう事だってあります。

運動をすると、たとえば、靴擦れとか、うおのめ、たこ、マメ、などが出来やすくなります。健康な人にとっては何でもないことですが、神経障害がある方にとっては、かなり危険です。こういったちょっとしたケガから、細菌が入り込んでくるからです。基本的に糖尿病の方は、抵抗力が弱っているので、元々感染しやすい状態になっていますので、尚一層危険だと言えますね。

又、網膜症の方は、跳んだりはねたりする事によって、眼底出血を起こす場合もありますので、注意を払わないといけません。

このように、運動療法は必須とは言われていますが、自分の体調や、糖尿の進行具合によっては、避けたほうが良い方もおられる 訳です。大切なことは、自分の今の体の様子をしっかりと把握しておくことです。

残念なことですが、病院の先生によっては、きちんとした問診もせずに、ただマニュアル通り、薬を出したり、運動療法を勧める先生もおられるようです。すべての先生が悪い訳ではありませんが、お医者さんの言う事だけでなく、自分で調べ、自分で把握し、自分で決定する事が大切ですね。

運動療法は、確かに糖尿改善のために効果的です。 でも、無理なく続けられるものを選ぶことと、自分の体の状態を見きわめて運動をすべきかすべきでないか、判断することが重要となってきます。





でも実際は、なかなか食事制限や運動などを頑張っていても、なかなか数値が下がらないと悩んでおられる方は多いのです。

どうして、なかなか改善しないのでしょうか。

実は、それには深〜い訳があるのです。

その訳とは何でしょうか?

それは実は、糖尿病の本当の原因は、単に食事の摂り過ぎや、運動不足だけではないからです。

えっ!?
じゃあ、何が原因なの?

そのことは、よろしければ次のお話から調べてみてください。

↓ ↓ 下記をクリック ↓ ↓

糖尿病の本当の原因とは?

 

▲ページのトップに戻る

くたばれ!糖尿病

糖尿のなぜ?どうして?を徹底解説
糖尿のそこが知りたい!を完全解決

詳しくはこちら

↓メールアドレスを入力する

まぐまぐ公認 殿堂入りメールマガジン くたばれ糖尿病

このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載を固くお断りさせていただいております。