基礎講座一覧

なるほど糖尿コラム

そこが知りたい!糖尿Q&A
Yahoo!ブックマークに登録

糖尿病講座トップ > 糖尿病は遺伝の病気?

糖尿病は遺伝の病気?

糖尿病に対する疑問を持っている方は少なくありません。その疑問で多い内容は、「糖尿病は遺伝しますか」というものです。確かに、家族に糖尿病患者がいない方に比べて、家族に糖尿病患者がいると発症率が高くなります。そのため、「糖尿病を発症している家族がいるから、自分も発症するかもしれない」と思っている方も少なくありません。 しかし、糖尿病を発症している家族がいるからといって、必ずしも身内全員が発症するわけではありません。糖尿病が発症する可能性が高くなるのは、糖尿病を発症しやすい環境であることが大きく影響しています。

糖尿病と遺伝の関係

糖尿病そのものは、遺伝することはありません。しかし、糖尿病患者が多い家系は「糖尿病を発症しやすい体質」を持っています。
現時点では、医学的に糖尿病と遺伝の関係性は明確に分かっていません。また、遺伝によって糖尿病が発症することがあったとしても、普段の生活習慣を変えるだけで発症を抑えることができます。
生活習慣を変えることは、栄養バランスを考えた食事をしたり、適度な運動を行うようにしたり、ストレスを蓄積しないようにしたりとの健康を意識した生活を送るようにします。この生活を送るだけで、糖尿病を発症しやすい体質だとしても、発症率を大幅に下げることができます。

しかし、医師によっては「体質が遺伝するのではなく、代々受け継がれてきた食生活のサイクルが影響している」と考えています。
例えば、父親が糖分の多いお菓子やケーキが好きな方だと、その子どもも幼い頃からお菓子やケーキを食べる機会が増えることになります。しかし、このサイクルは父親の父親、つまり祖父に当たる方もお菓子やケーキを好んで食べていたので、父親が幼い頃にお菓子やケーキを習慣的に食べていたことが影響している可能性が高いのです。そのため、体質が遺伝する可能性よりも、食生活や食の好みが受け継がれてきたことがきっかけで糖尿病の発症率が高くなるとされているのです。

それぞれの家系によって食生活が異なる

主婦同士の世間話の中で「うちは昔から白味噌を使っているから赤味噌は使ったことがない」と、料理の味について話すことがあるかもしれません。料理の味が話題にあがることは、家系によって代々受け継がれてきた味が異なるからです。
各家庭で料理が異なるので、中には糖尿病を発症する確率が高い家系を作り出してしまうことがあります。そのため、環境によって糖尿病の発症率を高くしているので、「遺伝が原因じゃないのでは」と考えられることもあります。
確かに、糖尿病が遺伝する可能性がないとは言い切れません。ただし、「糖尿病は遺伝する」と考えていることで危ないことがあります。それは、「諦めてしまう」ことです。
「遺伝のせいで発症したから仕方がない」とか「糖尿病が多い家系だから」と諦めてしまうことは、生活環境の改善や治療から逃げる口実を作っている風に見えてしまいます。
確かに、糖尿病が発症しやすい体質の遺伝や家系と考えることが間違いではないかもしれません。しかし、既に糖尿病が発症しているのなら、遺伝のせいだと考えていても治療を続けていくことに変わりないでしょう。また、糖尿病を未然に防ぐために生活を整えることや糖尿病の症状を緩和させて改善することも諦めずに続けないといけません。 生活習慣の改善や治療を諦めずに続けて、「糖尿病に負けない」という気持ちを大切にし、日々過ごすことが大事です。

糖尿病が発症する要因を作らない

糖尿病が発症するのは、食事環境が大きく影響しています。これまでの食事環境を見直して、糖尿病になりにくい生活を送るようにすることが大事です。家系的に糖尿病の方が多いのなら、家族全員で食事環境を見直したほうがよいでしょう。そうすることで、糖尿病が発症しやすい体質であっても発症しにくい環境作りを行うことができます。また、既に糖尿病が発症していても食事環境を変えるだけで、血糖値のコントロールを行いやすくなるので症状を改善するには大切であるといえます。

↓ ↓ 下記をクリック ↓ ↓

 

▲ページのトップに戻る



あなたはどこまで「糖尿病」を知っていますか? まだまだ知って下さい「糖尿病」について。
「糖尿病」の本当の恐ろしさは合併症です。 放っておくと恐ろしい事態を招く「ドロドロ血液」。

くたばれ!糖尿病

糖尿のなぜ?どうして?を徹底解説
糖尿のそこが知りたい!を完全解決

詳しくはこちら

↓メールアドレスを入力する

まぐまぐ公認 殿堂入りメールマガジン くたばれ糖尿病

このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載を固くお断りさせていただいております。