基礎講座一覧

なるほど糖尿コラム

そこが知りたい!糖尿Q&A
Yahoo!ブックマークに登録

糖尿病講座トップ > 糖尿病は遺伝の病気?

糖尿病は遺伝の病気?

糖尿病と遺伝の関係

糖尿に関する色々なご質問を頂戴しますが、結構多いのがこの質問です。

 「 糖尿ってやっぱり遺伝ですか? 」

親父が糖尿で、おじいちゃんもそうでした。だから私もかなり心配しています、なんていうお便りもよく頂きます。

確かに身内に糖尿が多いと、いずれ自分も?と、とても気になりますよね。

「うちは糖尿の家系だから」、という表現を使われる方も多い訳ですが、親族に糖尿の方がおられるからといって、必ず自分もそうなる、という訳ではありません。むしろ、環境的な要素のほうが大きいと言われています。

遺伝といっても、糖尿病という病気そのものが遺伝する訳ではなく、体質が遺伝しているということになります。正確には、この糖尿病と遺伝ということに関しては、はっきりとしたことは分かっていないようですが、たとえそれが真実だとしても、生活環境によって糖尿の発症を抑えることは十分可能です。

毎日の食生活に気を付けたり、運動を行なったり、ストレスを溜めないことなど、健康的な生活を送ることによって、糖尿病になりやすい体質をたとえ受け継いでいても、自分自身の環境を良いものにすることによって、発症を抑えることを意識していきたいと思います。

でも、有名な先生方の中には、遺伝よりも食生活が代々受け継がれていることに問題があるのでは?、と考えておられる方もおられます。

つまり、お父さんが甘い物好きだと、自分も小さい頃から同じように甘い物をよく食べて大きくなる。しかし、実はお父さんも、おじいちゃんが甘い物が好きだったので、同じく小さい頃から甘い物をよく出されて食べていた。でも実は、おじいちゃんも、自分のお父さんが甘い物が好きで……

というように、体質を受け継いでいくというよりも、食生活や食の嗜好が受け継がれていき、気が付けば親類のほとんどが、甘い物が好きで、みんな糖尿病になってしまっている、ということもあるのではないかというそんな考え方もあるようです。

 「うちの家は、昔から赤味噌ではなくて白味噌なのよ 」

なんて主婦の人たちは言う場合もありますが、その家それぞれに色々と受け継がれていくものがある訳ですが、その一つに食の好み、嗜好があり、それがいわゆる糖尿病家系を作り出しているのであって、遺伝子うんぬんは関係ないのでは?という意見なんですね。

 

私個人としては、糖尿病は遺伝という考え方は、確かに間違いではないかもしれませんが、この考え方で一番危険なことは、「遺伝だからしょうがない」と考えてしまうことではないかと思っています。

つまり、そう考えてあきらめてしまうこと、ではないかと思っています。

 

 「 うちは糖尿家系だから・・・ 」

 「 遺伝なんだからがんばってもしょうがないよ 」

というあきらめの気持ちを生み出すことが、この考え方の一番悪いところではないかなと思っています。逃げる言い訳になっている場合もあるのではないかな?とも思ってしまうのです。

家系や遺伝、考え方としては間違っていないかもしれませんし、そういうことについて考えるのも悪いことではないとは思いますが、でも自分自身が今現実に糖尿と闘っていくことに変わりはありませんよね。

糖尿になりにくい生活、糖尿を改善する生活を、あきらめずに続けていって、自分自身が真剣に取り組んでいくことに変わりはないのですから。

遺伝がなんだ〜!

遺伝にも負けないぞ〜!

糖尿と闘うぞ!

この気持ちが大事なんです。




でも実際は、なかなか食事制限や運動などを頑張っていても、なかなか数値が下がらないと悩んでおられる方は多いのです。

どうして、なかなか改善しないのでしょうか。

実は、それには深〜い訳があるのです。

その訳とは何でしょうか?

それは実は、糖尿病の本当の原因は、単に食事の摂り過ぎや、運動不足だけではないからです。

えっ!?
じゃあ、何が原因なの?

そのことは、よろしければ次のお話から調べてみてください。

↓ ↓ 下記をクリック ↓ ↓

 

▲ページのトップに戻る

くたばれ!糖尿病

糖尿のなぜ?どうして?を徹底解説
糖尿のそこが知りたい!を完全解決

詳しくはこちら

↓メールアドレスを入力する

まぐまぐ公認 殿堂入りメールマガジン くたばれ糖尿病

このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載を固くお断りさせていただいております。